PROFILE

PROFILE

ジェームス・ジラユ

ジェームス・ジラユ James Jirayu

生年月日 1993年9月19日
本名 ジラユ・タンシリースック(Jirayu Tangsrisuk)
星座 乙女座
血液型 O型
出身地 タイ王国 ピチット県出身
家族 父、母、姉
趣味 カメラ
特技 歌、ダンス、ギター、IT
好きな食べ物 牛肉、寿司(ウニ)、イチゴ
身長 184cm

タイ王国出身の俳優、歌手、モデル。1993年9月19日生まれ。
本名は、ジラユ・タンシリースック(Jirayu Tangsrisuk)。ジェームスはニックネーム。

タイ北部のピチットにて誕生。幼少時より社交ダンスを習い、高校時代にはバンドを結成、ベースを担当していた。

2011年、化粧品ブランド・ミスティーン(Mistine)のコンテストで優勝、モデルとして活動を開始。その後“facebook”にアップされたジラユの写真が、タイの芸能プロダクション“META TALENT MANAGEMENT”のピク社長の目に留まりスカウトされる。7社からのオファーを押しのけ、ピク社長のもとで俳優としてデビューすることを決意しバンコクに移る。

2013年3月、テレビドラマ「Suparburoot Jutathep」で俳優デビューするやいなや一気にブレイク。同年9月には、初主演映画「First Love」が公開、続くドラマ「Tong Neu Gao」で、人気若手俳優としての地位を築く。また、トヨタ、ユニクロ、明治ブルガリアヨーグルトなど日系企業のCMにも抜擢。2014年2月には2作目の主演映画「Timeline」が公開された(沖縄国際映画祭2015特別招待作品)。


2015年4月、日本で撮影した写真集「JAMES JI UP CLOSE AND PERSONAL IN JAPAN」を発売。6月にはコンサート「MAGIC JAMES THE CONCERT」を開催。9月、歌とダンスの勉強を兼ねて2ヶ月間来日した際には、「第21回東京ガールズコレクション(TGC)2015 AUTUMN/WINTER」にゲスト出演した。11月9日には日本で初となるコンベンション・ライブを開催し、ファンとマスコミ約600人を集める。

2016年1月、日本の東北6県をめぐる冠番組『TABI JAPAN with James Jirayu』がCH.3で放送開始。21日には「ヨウジヤマモト」2016-17年秋冬パリ・メンズ・コレクションに出演。3月19日には、「第22回東京ガールズコレクション2016 SPRING/SUMMER」にモデルとして出演予定。4月からは、主演ドラマ「君だけ I Love You(Rak Sood Rit(ラック・スッ・リット))」のBS-TBSでの放映が決定。さらに6月には、ユニバーサルミュージックよりCDデビューが決定している。


歌手・俳優として、さらに日本とタイの架け橋としてのさらなる活躍が期待されている。

Q&A

Q&A

ジェームスというニックネームの由来はありますか?
母が「007」が好きだったので、ジェームス・ボンドから名づけられました。
ジラユという名前の意味は何ですか?
「長生きする」という意味です。
好きな色は何ですか?
ピンクですね。見ていて安心する色です。
好きな俳優はいますか?
Johnny Depp(ジョニー・デップ)です。
一番好きな場所はどこですか?
自分の家です。家族と一緒にいられる暖かな場所だからです。
一番好きな曲は何ですか?
Marvin Gayeの「Mercy Mercy Me」です。
自分のチャームポイントは何ですか?
目です。
生まれ育ったのはどんな町ですか?
タイのピチットという町で、町の人はみんな知り合いのような静かな田舎でした。そこで生まれ、高校を卒業するまで住んでいました。
幼い頃はどんな子どもでしたか?
小学生の頃は社交ダンスを習っていて、当時はラテンダンスが得意でした。夏休みや大会前には、1日10時間ほどレッスンしていました。最初に出演したドラマでダンスのシーンがあったので、その頃の経験が活きました(笑)
小さい頃の夢は何でしたか?
幼い頃は、コンピュータのエンジニアになりたかったです。コンピュータは4、5歳の頃から触っていて、そのおかげで目が悪くなってメガネをかけていたので、あだ名は「メガネ」でした(笑)
楽器などはやっていましたか?
高校時代に友だちと組んだバンドで、ベースを弾いていました。

Q&A

デビューのきっかけは何ですか?
母が応募した化粧品ブランドのコンテストで優勝したことです。自分のFacebookにアップした優勝した時の写真を、現在の事務所の社長が見て、家まで来てスカウトしてくれました。
デビューするまでバンコクでの生活はどうでしたか?
電車に乗ったり乗り換えたりしてデパートに行くことが楽しかったです。
初めてのドラマ出演はどんな経験でしたか?
現場に入ると、自分がテレビで見ていた人たちがいたので、とても緊張しました。「Suparburoot Jutathep」という1年間続く5部作のドラマで、僕を含めて5人の主役がいました。僕は3番目に登場したんですが、初回の放送と同時に人生が変わりました。
今後どんなことをしてみたいですか?
コメディで笑える役を演じてみたいです。また、「アーティスト」にもなりたいです。演技も歌も好きなので、僕が好きなことをみんなにも好きになってもらえたら嬉しいです。
仕事が休みの時は何をしていますか?
本を読んだり写真を撮ったり作曲したりしています。
どんな本が好きですか?
いろいろ読みますが、歴史ものや小説、エッセイが好きです。
どういう写真を撮るのが好きですか?
人や場所など、その時の雰囲気がわかる写真です。写真を見ると、記憶の巻き戻しボタンを押すみたいに、「あのときこんなことしたな、こう感じたな」と思い出せます。奇跡的ですよね。
日本では沢山カメラが売られていますが、楽しいですか?
楽しいです。日本に来て、最初に行こうと思っていたのがカメラ屋です。新宿、渋谷、秋葉原など、いろんなところに買いに行きました。

Q&A

日本でデビューすると聞いたとき、どう感じましたか?
日本は子どものころから名前を知っていましたが、遠い存在の国でした。新しい世界を見ることができると聞いて、やっとここまで来たんだなと思いました。
日本にどんな印象を持ちましたか?
いつ来ても、みんな温かく迎えてくれて、見守ってくれるので、海外に来ているという感覚がなく幸せを感じます。
日本で初めて体験したことはありますか?
温泉やスカイダイビングは初めて体験しました。
一番好きな日本語は何ですか?
「ドウモ」が好きです。タイにない魅力的な言葉で、こんにちは、さようなら、ありがとう、元気だよなど何でも表せるのが面白いです。
日本で食べたもので一番好きなものは何ですか?
ラーメン、寿司、すき焼き、しゃぶしゃぶ、…すべてが美味しかったです。
どんな女性が好きですか?
特にタイプはないので、話してみないとわからないかな…。
ファンはどのような存在ですか?
常に僕をいろんな面で支えてくれます。家族みたいな存在ですね。
日本でのデビューに当たって、ファンにメッセージはありますか?
僕はこれから、様々な新しい経験をしていくと思いますが、変わらずに応援してもらえたら嬉しいです。
将来、日本ではどんな仕事をしたいですか?
たくさん日本語を勉強し、日本のファンともコミュニケーション出来るようになりたいです。そして、俳優でも歌手でも、何をするにしても、その結果が良かろうと悪かろうと、僕が望んでいることは、みんなを幸せな気持ちにしたいということです。